スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HANARART


HANARARTはじまりました。
今回は町家の2階の開口部にダイナミックに花を活けてみました。

テーマは 噴華

地球にまだ生命のなかった遠い昔、宇宙のどこか、華の星で、

噴華が起こり、遙か彼方の地球にまで、華がふってきた、、、、。

 生命の誕生の瞬間のエネルギーや驚きを表現したものです。

私自身、子供が生まれた瞬間、感動よりも、驚きが大きかったのです。

自分の身体から、ちっちゃな人間がでてきたことに、本当にびっくり!!!

そして、これがずっと、ずっと、命というものができてから、当たり前のようにあって、

自分もそうやって生まれてきたんだと。。

真っ暗な空間から突然光が差し込み、大きな爆発がおきた、、、そんな激しさでした。

言葉で表すのであれば、神秘というのでしょうか。


今回照明がポイントになるとかんがえていました。

この夏、偶然にもプロの照明さんに出会う機会があり、お願いしました。

2児の母である照明さんは、私の思いを見事に光りで表現してくださいました。

8ヶ月のお子さんを連れて、この作品のために大阪からきてくださり本当に感謝しています。

   光と陰のバランス   大切なことを教えていただきました。


実は作品はもう一つあります。

そちらは誕生とは真反対の死を表現。

そちらはまた次回。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。